なるだけ海外サッカー(日本人情報サイト)

海外サッカーで活躍する日本人を応援するサイト

伊藤達也!スターダムへ!

f:id:nupwhite:20171117213643p:image

20年東京五輪世代の主役候補、ドイツ1部ハンブルガーSVのMF伊藤達哉(20)に欧州6カ国の計10クラブが興味を示していることが16日、分かった。
各国関係者の話を総合すると、日本からJリーグを経由せず本場欧州に引き抜かれた異色ドリブラーに対し、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティー、イタリアのインテルミラノ、トリノ、ドイツのライプチヒ、シャルケ、フランクフルト、ウォルフスブルク、オランダのPSV、ポルトガルのベンフィカ、オーストリアのザルツブルクが熱視線を送っているという。

伊藤は9月24日のレーバークーゼン戦で初出場。
20歳にして通算30人目の日本人ブンデスリーガーになった。
6試合連続の出場となった直近4日のシュツットガルト戦も先発し、3-1の勝利に貢献。
左右のウイングを主戦場に、キレのある突破でカウンターの味方ターゲットになっている。

伊藤は18歳になった15年6月に、ハンブルガーSVと来年6月までの3年契約を結んだ。
クラブは契約延長を希望して交渉を進めているが、予想以上の活躍で市場価値が上がっているといい、他クラブも人気沸騰前の獲得を視野に入れている。
9日には代表期間明けの敵地シャルケ戦があり、出場が濃厚。
スカウトが大挙する可能性も出てきた。
9日の5部相手の練習試合で“トップチーム初ゴール”を記録するなど好調を維持。
クラブが「旋風」と形容する東京世代・伊藤の周囲が騒がしくなってきた。

日刊スポーツ引用