なるだけ海外サッカー(日本人情報サイト)

海外サッカーで活躍する日本人を応援するサイト

マンUファン歓喜!W杯で香川真司が魅せた!

前半6分に自ら獲得したPKを沈めて先制ゴール
 日本代表MF香川真司は、19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に先発出場。前半3分に相手MFカルロス・サンチェスのハンドと今大会初レッドカードを誘発するシュートを放つと、自ら先制PKを決めるなど、背番号10の面目躍如の働きで2-1の勝利に貢献した。ドルトムントでプレーする小さな魔法使いの躍動に、かつてプレーしたマンチェスター・ユナイテッドのファンも喜びを爆発させている。

 魂の雄叫びがロシアの空にこだました。前半6分、自ら獲得したPKのチャンスできっちり決めると、自身初のW杯初ゴールで待望の先制点をもたらした香川は感情を爆発させた。

 前線で積極的なプレッシングなど守備面でも貢献した香川は、後半25分にMF本田圭佑と交代でお役御免となったが、日本の背番号10の活躍はツイッター上で海外ファンを熱狂させている。

「集中力、決意、責任感、勇気、日本のシンジ・カガワはこのクオリティーの体現者だった」
「シンジ・カガワがお気に入り」
「シンジ・カガワはキャプテン翼だ」

 そして、2012-13シーズンからプレーした世界的名門マンチェスター・ユナイテッドのサポーターも香川の躍動を喜んだ。

f:id:nupwhite:20180620070659j:image

かつてプレーしたマンUのファンが躍動に歓喜
「日本が勝って嬉しい。なぜなら、シンジ・カガワがいるからだ」
「シンジ・カガワはユナイテッドで正当に扱われなかった。自分は嬉しい」
「私はシンジ・カガワのノーリッジ戦のハットトリックを忘れたことはない。あの男を愛している」
「序盤でPK。シンジ・カガワのプレーを見れて嬉しいよ。昔からマンチェスター・ユナイテッドのサポーターだからね」
「シンジ・カガワは純粋に一流の男だ」
「マンチェスター・ユナイテッドのチームにシンジ・カガワがいた頃が懐かしい。彼のゴールを見れてスーパーハッピーだ。ファルカオも初出場してくれた」
「元マンUのレジェンド、シンジ・カガワがゴール」

 偉大なるサー・アレックス・ファーガソン監督に請われ、ユナイテッドで2年間プレーした香川。2012-13シーズンにはアジア人初のプレミアリーグハットトリックを決めるなど、リーグ優勝に貢献した。

 2014年夏にドルトムントに復帰したが、ユナイテッドサポーターは大舞台での香川の躍動を喜んでいた。


(Football ZONE web編集部)