なるだけ海外サッカー(日本人情報サイト)

海外サッカーで活躍する日本人を応援するサイト

日本のエースは俺だ!!!!香川vs本田

f:id:nupwhite:20180613104859j:image

 

パラグアイ戦で西野体制初先発の香川、1ゴール2アシストの活躍で一発回答

 日本代表は現地時間12日、ロシア・ワールドカップ(W杯)前最後の国際親善試合パラグアイ戦に臨み、4-2で新体制初勝利を収めた。FW本田圭佑との“トップ下論争”が繰り広げられていたMF香川真司が、西野朗体制で初先発のチャンスを得ると、1ゴール・2アシストと一発回答の活躍を披露。試合後、西野監督も香川について「満足している」と攻守両面で高い評価を与えている。

 8日の国際親善試合スイス戦(0-2)でトップ下として先発した本田は、不完全燃焼に終わった試合後に「真司にポジションを奪われる」と危機感を口にしていた。そして、それが現実のものとなる可能性が出てきたようだ。

 パラグアイ戦で西野体制初先発のチャンスを得た香川は、トップ下で躍動。MF乾貴士の2ゴールをお膳立てすると、自らも後半アディショナルタイムに華麗なドリブルから相手一人をかわしてゴールを突き刺し、1ゴール2アシストの活躍を見せた。

 西野監督はパラグアイ戦について「ここ1、2戦の攻撃面で、敵エンドに入ってボックスを攻略できていない。ここをチームの一番のフォーカスにしていた」と振り返る。乾が2ゴールと結果を残せば、香川も文句なしのパフォーマンスを披露。ハーフタイムに全体的にポジションを上げる指示を出したという指揮官は、「香川がかなり積極的に絡んでいったり、乾の仕掛けも増えた

f:id:nupwhite:20180613104934j:image

香川の守備面も評価、岡崎との息の合ったプレスを称賛

 また西野監督は、トップ下で先発した香川について守備面も高く評価。とりわけ1トップに入ったFW岡崎慎司との連動した守備を称賛しており、チームを助けるチェイシングだったとしている。

「今日も岡崎(慎司)と香川がファーストディフェンダーに入った。二人の良いコンビネーションというか、プレスは非常にタイミングが良くて、前半からロングボールを引き出した」

 攻撃で圧倒的な存在感を放ち、守備でも効果的なプレスで貢献した香川。10番を背負う男の輝きは、代表チームを覆っていた重苦しいムードを吹き飛ばした。西野監督は香川をはじめ、乾や岡崎らの働きにシャッポを脱いでいる。

「岡崎、香川、乾。こういう選手たちが、高いレベルでのパフォーマンスを出してくれればという期待があった。予想以上にパフォーマンスを出し、連動してやれていた。満足している」

 本田と香川のトップ下論争は、ここで一旦終止符が打たれたのかもしれない。指揮官は様々なケースを想定し、19日のロシアW杯初戦コロンビア戦直前まで見極める構えだが、ピッチ上でのプレーが“10番優勢”を如実に物語っている。

フットボールZONE