なるだけ海外サッカー(日本人情報サイト)

海外サッカーで活躍する日本人を応援するサイト

クラブW杯出場条件!ACL優勝は無意味

f:id:nupwhite:20180530071403j:image

決勝戦でリバプールを下したレアル・マドリードの3連覇により、今季のUEFAチャンピオンズリーグが幕を下ろした。これによりマドリードは3年連続で、12月に開催されるFIFAクラブワールドカップ(CWC)に出場することになる(今年は昨年に続いてUAE開催)。日本では長年トヨタカップが開催されてきた歴史もあり比較的注目度の高いCWCだが、残念ながら世界的な注目を集めるビッグイベントとは言えない状態が続いている。ヨーロッパでは大会の開催中でもそれを忘れてしまうほど情報量が少なく、決勝戦が辛うじて話題に上るくらいだ。スタジアムも全試合が満席になるわけではない。

 その大会を一新し、名前の通りクラブのワールドカップとして大イベントへと生まれ変わらせるべく提案されたのが、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長が推し進めてきた改革案だった。フォーマットの主な変更点は2つで、1つは開催を毎年ではなくワールドカップと同様に4年に1度にすること。しかし選手が他チームに移ることがない代表チームと違い、毎年選手の入れ替わるクラブの大会を4年のサイクルで開催することには多くの人々が疑問を持つだろう。昨年ACLを制した浦和レッズのサポーターは優勝メンバーがそのまま世界の舞台に挑む姿に心を躍らせたはずだし、数年はおろか半年でチームを取り巻く状況は完全に変わってしまった。

 そしてもう1つの主な変更点が、出場クラブ数を現状の7から24に大幅に増やすことだ。提案された24クラブの内訳は、以下の通りだった。

• UEFA(ヨーロッパ):12クラブ
• CONMEBOL(南米):4~5クラブ
• AFC(アジア):2クラブ
• CAF(アフリカ):2クラブ
• CONCACAF(北中米):2クラブ
• OFC(オセアニア):0~1クラブ
• 開催国:1クラブ

 出場の条件としては、例えば出場枠の多いヨーロッパは過去4大会のチャンピオンズリーグのファイナリスト(最大8クラブ)に加えて、同じ期間に好成績を残したクラブとなる。南米も4年間のコパ・リベルタドーレス王者を出場させる十分な枠がある。問題となるのはアジアを含む他の地域だ。大会が4年に1度の開催で出場枠が2つしかなければ、基本的に全てのACL優勝チームを参加させることができない。もしこの大会方式が実現した場合は、優勝クラブの他年度の成績も考慮するか、直近の大会を優先するなどして出場クラブを決めることになるのだろう。

f:id:nupwhite:20180530071444j:image

 

 

Jリーグのファンからすれば、ACLの優勝がCWCに直結している現状に比べ、このフォーマットでは世界の強豪と対戦する夢が遠のくことになる。国内リーグの賞金が大幅に増加し既にACLを軽視する傾向が見られる上に、CWC出場という目標が薄れればACLの持つ意味も大きく損なわれかねない。この点からも、少なくともJリーグのクラブにとってこの改革案は好ましいものとは思えない。そもそも大会のフォーマット変更の目的が、欧州のトップクラブの参加を増やし世界的な注目度を上げることにあるのだから、他地域が不利益をこうむるのはある意味当然とも言える。

 ではこの改革案がヨーロッパでは好意的に受け止められたかというと、そういうわけでもない。FIFAのインファンティーノ会長は一部のビッグクラブからは支持を取り付けていたようだが、猛反対したのがUEFAだった。先週23日、UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長は「利益の追求に目がくらんだ一部の人々が、大会の魂を不明瞭なプライベート・ファンドに売るようなことは受け入れられない」とし、経済的な利益のために大会方式を変更することに断固として反対する立場を明らかにした。彼が指摘する通り、新しいCWCと「ミニワールドカップ」として新設が提案されたネーションズリーグが実現すれば、FIFAは投資家グループから巨額の収入を得るとされている。



 当初は来月開幕のワールドカップ前にも新たな大会をFIFAの会合で承認させようとしていたインファンティーノ会長も、UEFAの猛反発により計画の先送りを余儀なくされた。FIFAの広報は「次回6月10日にモスクワで行われるFIFAの会合でこの件に関するアップデートを報告し、FIFAは今後もサッカー界のステークホルダーと共にこの提案を発展させていきます」との声明を出している。

 このままCWC改革案がお蔵入りとなるのか、あるいはFIFAが各方面からの反対を押し切って新大会の開催へと進んでいくのかは、現状では不透明だ。注目度の低い現在のCWCが理想的ではないのは明らかであり、何らかの方法でステータスを高めていくことには大いに賛成できる。しかしFIFAと一部のトップクラブだけが経済的な恩恵を受け、アジアを含むヨーロッパ以外の大陸のファンの夢を奪う改革案が、サッカー界全体の利益になるとは思えない。

著者:マリオ・カワタ

ドイツ在住のフットボールトライブライター