NARUDAKE海外サッカー

海外で活躍する日本人を応援するサイト

マンチェスターユナイテッド モラタ誕生

https://youtu.be/QuCxQ0vhV4Q
レアル・マドリーに退団の意思を伝えたとされるFWアルバロ・モラタだが、その決断はマンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の後押しを受けてのものだったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

レアル・マドリーではFWカリム・ベンゼマが第一のストライカーとして君臨するため、ビッグマッチでの出場機会が限られていたモラタ。同選手はこの状況を受け、代理人フアンマ・ロペス氏を通じて、レアル・マドリーに退団の意思を伝えたとされる。

モラタは退団を決断する前に、レアル・マドリーで指導を受けたモウリーニョ監督から電話を受けていたようだ。『マルカ』によれば、モウリーニョ監督はモラタに「私のもとに来い。重要な存在になれる」と話したという。同指揮官は元教え子にレギュラーの座こそ確約しなかったものの、チーム内でどれだけ重宝される存在になるかを説いたとみられる。

なお、レアル・マドリーはモラタの移籍金としてユナイテッドに9000万ユーロを要求する方針だが、一方でユナイテッドは最初に7000万ユーロ前後のオファーを提示する模様だ。

https://youtu.be/xoz7yFuT_Eo

 

ティキタカで崩すスペイン代表では異質の存在であるモラタ。スピードとパワーを兼ね備えた最高峰のFWにモウリーニョは掛けたのか。

 

いかんせんサブFWである印象を拭えないのはベンゼマが偉大すぎるからなのだろうか。