NARUDAKE海外サッカー

海外で活躍する日本人を応援するサイト

鎌田は既に闘っている

シーズン開幕前のテストマッチにおいてチーム内で立ち位置を確立せねばならない

監督の評判を聞く限りまずは大成功だ

 

以下サッカーキングキング引用

f:id:nupwhite:20170801064137j:image

 

 

 

 南チロルでの8日間におよぶトレーニングキャンプを終えるフランクフルト。実際にチームを見ていた人たちは、おそらく今シーズンの新戦力はなかなか面白いと感じたのではないだろうか。そのなかの1人が、今夏にサガン鳥栖から移籍金200万ユーロ(約2億6000万円)で加入したMF鎌田大地である。ドイツ誌『kicker』日本語版が31日に伝えた。

 先日行われたウディネーゼとのテストマッチでアピールに成功した鎌田。ただ、あくまで選手たちには疲労が蓄積しており、精彩を欠いたプレーを露呈してしまうのはこの時期では珍しくはないため、決して過大に評価すべきではないのは確かだ。

 それでも、180センチの日本人MFは、ここまでの準備期間を通じてチームを納得させるパフォーマンスを見せている。両足を使え素早さも兼ね備えた同選手は、フランクフルトの攻撃を活性化させる存在となるかもしれない。

 ニコ・コヴァチ監督は中盤よりもアウトサイド寄りに考えている模様で、3バックを採用した場合にはウイングとの間に入る形で起用されているが、4-2-3-1のシステムを採用したベネヴェント戦ではウイングとしてプレーしていた。

 そんな鎌田について、指揮官は「ボールを扱うテクニックに関してはとてもいいものがあるね。それに軽快さも見られているし、読みがとても良く、視野も広い」と称賛。「どのタイミングでボールを受け取り、そして危険な状況から抜け出すためにどのタイミングでダイレクトに繋がなくてはならないか。そのことを理解している選手だよ」と話した。

 ポイントとなるのは、Jリーグで65試合に出場してきた20歳の若者が、果たして即座にブンデスで通用するだけのフィジカルを持ち合わせているかということにある。特にコヴァチ監督は、非常にアグレッシブなディフェンスを好むタイプだ。だが、このことについて指揮官は「彼の走力は国際レベルに達している」と賛辞を続けた。

 そのため、むしろ問題は言語ということになりそうだが、幸運にもフランクフルトにはドイツ語を話すMF長谷部誠が在籍している。コヴァチ監督も「マコトが彼を助けてくれるだろう」と期待感を口にした。あとは実際にチームの助けとなれるのか。そのポテンシャルは全て持ち合わせているようだが、それがどれだけ早く発揮できるかは様子見といったところだ。

IT'S SO スキャンダル!!!

 f:id:nupwhite:20170731210031j:imagef:id:nupwhite:20170731210031j:image

同誌が発売されるや、表記名や『世界の果てまでイッテQ!』や『ヒルナンデス!』(共に日本テレビ系)など人気バラエティ番組に出演しているなどの情報から、人気モデルでタレントの、河北麻友子(25)なのではとの見方が強まっている。多方面で活躍する旬なタレントである河北麻友子だけに、今後の動向が注目されている。

■河北麻友子、超有名サッカー選手とのキス&混浴写真が流出?

 全日本国民的美少女コンテストでグランプリを獲るなど、輝かしい経歴を持つ河北。『イッテQ』では“出川ガール”の一人として度々出演し、流暢な英語を話すことでも知られている。2016年にはドラマ『白鳥麗子でございます!』(メ~テレなど7局共同で制作)で主人公の白鳥麗子を演じたことも記憶に新しい。

 『実話ナックルズ』が7月29日発売の9月号で、河北とおぼしき女性の男性とのキス写真や混浴写真を公開。両目は黒線で伏せられているものの、『実話ナックルズ』は同写真が2011年のものであり、相手の男性が超有名サッカー選手であると紹介。流出原因について、芸能関係者のコメントを交え、怨恨や同業者の嫌がらせではないかと記している。

 問題は、河北の所属するのが米倉涼子(41)や武井咲(23)らが所属する大手事務所オスカープロモーションであること。「デビュー後5年間(10代デビューのタレントは25歳まで)は恋愛禁止」という鉄の掟を敷くなど、若手タレントのスキャンダルにとかく厳しいことで有名だ。

「掲載された混浴写真の笑顔は、頬が丸くお団子のように膨らむ河北の笑顔とかなり似ている。またスリムな手足や体形も河北と限りなく近い。これがもし河北本人であるなら、流出することも問題だが、恋愛禁止の掟を破ってこうした写真を撮ること自体、脇が甘すぎる」(報道関係者)

 河北が出演する『イッテQ』は、出演者にスキャンダルが相次いでいる。昨年1月にはベッキー(33)がゲス不倫で世間を騒がせて番組を降板。NEWSの手越祐也(29)も火遊びで浮き名を流し、今年5月には金塊強奪事件で逮捕された小松崎太郎容疑者のFacebook写真に写ったりコネチケ問題でファンの反感を食らったりして騒動となった。

 河北自身、過去にも恋愛話が度々浮上してきた。その一人が市川海老蔵(39)。河北が17歳だった約8年前に付き合っていたというウワサがある。また2014年には、写真週刊誌『フライデー』(講談社)にイケメン男性と一緒のところをキャッチされ、半同棲とも指摘された。

「過去の恋愛といい今回の写真の一件といい、アメリカ育ちの河北のオープンな性格が悪目立ちしている。ファンの間でも『やっぱり』とあまり驚かれていない。一方で河北は、『イッテQ』のみならず他バラエティやCMなどに多数出演中。

事務所としては本人にペナルティを課したいところだろうが、表沙汰になって途中降板の憂き目に遭えば、多額の違約金が発生する可能性が高い。できれば穏便に済ませたいというのが本音だろう。報道規制を敷いて、雑音をシャットアウトするのでは」(前出・報道関係者)

 ジャニーズ事務所に所属する手越も、一時期は『イッテQ』降格が取り沙汰されたがお咎めなし。過去の火遊びの写真流出疑惑が浮上した河北も、最終的には事務所の力でまるっと解決!?

ポドルスキ祭り ドイツメディア絶賛

いやーやっぱり凄い

 

本物だと思ってたけどやっぱり凄い。

ドイツメディアも異国の地で活躍するポドルスキを応援するなんていい国だな〜

 

左のミドルシュートが早速見れるなんて嬉しすぎる。

 

もう最高の休日ですね♫

https://youtu.be/3Jjh6KSO_ig

 

 

 

 

 

 

以下フットボールウェブ

 

「ドッペルパックで夢のデビュー」 独メディアがポドルスキの神戸初陣を速報

■圧巻2ゴールで3-1勝利に貢献 「なんてデビューだ!」

 ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、初陣となった29日の大宮アルディージャ戦で2得点を決めてチームの3-1勝利に大きく貢献。ドイツメディアは同国代表レジェンドの活躍を「夢のデビュー」と速報した。

 背番号10を背負って先発出場したポドルスキは後半4分、ペナルティーエリア内での細かいパス回しから渡邉のシュートがこぼれたセカンドボールを受けると、エリア外から迷うことなく左足を振り抜く。
強烈な弾道のミドルシュートがゴール右隅に突き刺さり先制点を奪うと、両手でガッツポーズをしてファンの大歓声に応えた。ドイツ代表歴代3位の49得点を挙げた男の名に恥じぬ、鮮やかな一撃を決めた。

 その後大宮に同点とされるも同17分、途中出場のMF大森晃太郎の右からのクロスに反応すると、相手2人に競り勝つヘディングシュートを突き刺し、圧巻の勝負強さを見せつけた。
神戸は同33分にMF田中英雄のミドルシュートが決まって3-1で試合終了。神戸デビュー戦を白星で飾ったポルディ王子は、自ら2ゴールを決めて花を添えた。

■「ファンから熱狂的な歓迎」との描写も

 ドイツメディア「RPオンライン」は、ポドルスキの活躍を「ドッペルパック(1試合2得点)で夢のデビュー」と報じ、
「世界チャンピオンのルーカス・ポドルスキは、日本のJリーグでの夢のデビューを祝福。32歳は新しいクラブのヴィッセル神戸で降格圏の大宮アルディージャ相手に2得点」と紹介している。

 また、ドイツテレビ局「シュポルト1」も「ポドルスキ、日本で夢のデビュー」との見出しを打ち、
「なんてデビューだ! ルーカス・ポドルスキがヴィッセル神戸での最初の試合でドッペルパック。元ケルンの選手はファンから熱狂的な歓迎を受けた」と、日本の“ポルディ・フィーバー”を伝えた。

サイドバックの価値とは

 

どうも、私、川澄。

そうあの川澄です。

 

私ね最近すごくサイドバックが気になるの。サイドバックが気になりすぎてもう川澄になっちゃう!

川澄すぎて自分でも怖い

最近の川澄ですが

昨日電車で川澄になりました。

澤さんとお出かけしようと昨日東急に乗ったんだけど

パスタが無性に食べたくなって

お隣のおっさんの頭を茹でてやりました!!!!

 

以上。あの川澄でした!

 

以下サッカーキング

 今夏の移籍市場でマンチェスター・Cがサイドバック(SB)への積極的な投資を行っている。

 右サイドには当時DF史上最高額タイの5000万ポンド(約73億円)でイングランド代表DFカイル・ウォーカーが加入。ブラジル人DFダニーロは2650万ポンド(約38億5000万円)とも言われている。さらに左サイドにはフランス代表DFバンジャマン・メンディを獲得。移籍金はDF史上最高額を更新する5200万ポンド(約75億4000万円)と報じられた。高騰するSBの移籍金について、マイケル・コックス氏は大手メディア『ESPN』に寄稿したコラムで以下のような見解を示している。

 2015-16シーズンにレスターが優勝したときのSBコンビは同メディアによると、わずか200万ポンド(約3億円)。ジョゼップ・グアルディオラ監督のマンチェスター・Cと単純な比較はできないが、レスター優勝の偉大さ、グアルディオラ監督がSBの強化に多額の費用を必要としたこと、ここ3年で移籍市場の異常なインフレが起きたことは伺える。さらに攻撃的なSBと守備的なSBの市場価値に開きがあることも言えるだろう。

 ほとんどポジションが発明された時からずっと、SBは最も魅力的でないポジションとされてきた。元イタリア代表FWジャンルカ・ヴィアリ氏はかつて「右SBは一般的にチームで最も下手な選手だ」と語った。元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏もすべてのSBは失敗したウイングか、もしくは失敗したセンターバックと言ったという。

 これは基本的に真実だと言える。チームのベストプレーヤーがSB、というチームは滅多にない。一般的にSBにいる理由は他のポジションで優れたパフォーマンスを見せられなかったからか、幼少からそこで育成されたからという場合が多い。ブラジル代表DFマルセロや元ドイツ代表フィリップ・ラーム氏などは大きなクラブで育ち、若いときにコンバートされている。他にもオーストリア代表DFダビド・アラバは中盤にタレントひしめくバイエルンではSBだが、代表では常にミッドフィールドにいる。

 キャラガー氏のポイントに戻ると、“失敗したセンターバック”型のSBはほとんどいない。トニー・ピューリス監督率いるウェスト・ブロムウィッチは例外だ。実際彼のSBはほとんどセンターバック。これは彼がDFに高さを求めているからで、大多数のSBはダイナミックで攻撃的、ウイングのような働きをする。

 では、現代的なSBとはどんなものだろうか? SBはオールラウンダーに最も近い選手と言える。天性のボックス・トゥ・ボックス型MFはほぼ絶滅したと言え、そういった何でもやれる要素はSBのものになっていった。SBはどんな分野でも傑出した点のない(もしあれば違うポジションで起用されるだろう)、同時に特定の欠点を持たない選手である。

 つまり攻撃的SBはスピードに富み、ライン際をアップダウンするスタミナを持っている必要がある。さらに敵陣では精確で丁寧なクロスを供給する能力が求められる。同時にディフェンスセンスを併せ持ち、相手のベストプレイヤーかもしれないウイングに、1対1で勝つ能力が必要となる。

 これらの、フィジカル面、テクニック面、守備戦術面での要求要素の組み合わせが、SBが世界で最も需要あるポジションの1つになる理由だ。しかしそれでいて、彼らはピッチ上で1番レベルの低い選手であることも多い。

 攻撃的SBのコンセプトは新しいものではなく、20世紀半ばからあったものだ。4-4-2のフォーメーションの隆盛とともにサッカーのスピードはどんどん上がっていき、ここ数年のプレッシングスタイルの流行でゲームのスピードはさらに上がった。

 それはSBに要求されるアスリート能力はかつてないほどに高まっていることを意味する。興味深いのは、ウォーカーがプレミアリーグ有数のSBへと成長を遂げたのはほとんど彼のテクニックではなくフィジカル面によるところが大きい。

 5000万ポンドという額は異常に見える。しかし、究極的にはこれは需要と供給のバランスなのである。プレミアリーグで彼ほどのインテンシティとパフォーマンスを見せられる選手はほとんどいない。レアル・マドリードでは日の目を見なかったダニーロは、ポルト時代に十分なクオリティを見せていた。

 メンディの獲得はさらに興味深い。マルセイユとモナコでの並外れたパフォーマンスで、彼は世界でも最も完成されたSBの1人へと変貌した。ソリッドな守備を見せ、90分間上下動するダイナミズムを持ち、相手ゴール前で賢くプレーを選ぶ。“駄目元”でクロスを上げる選手が多い中、時には低いクロスをGKとDFの間に送り、時にはエリア内へカットインするなど、SBには珍しくプレーの幅が広い。

 彼らSBはチームのタイトル獲得に少なくない貢献ができるように見える。しかしもしマンチェスター・Cが王者になったとしても、彼らがスターになることはないだろう。偉大な進歩を遂げたSBにも関わらず、彼らはやっぱり黒子に徹するのだ。

 

栄光への新たなる補強へ

 

どうも膝の皿割れ子です。

 

こんばん!

 

そんな世の中の中々の中で、イヤーーーーーーミランがまた補強したよ

 

 

ヴァレッティやエジル、セスク、オスカル、イブラヒモビッチが来たらかなり面白いけど来て欲しいね。

 

やかましいわ!!!!

 

 

以下ヤフー参照

 

 

彼は革命の中心地へ羨望の眼差しを向けている。バイエルン・ミュンヘンで継続的な出場機会を与えられていないポルトガル代表MFレナト・サンチェスが、ミラノ行きに前向きな姿勢を示した。

2015-16シーズンのベンフィカにおける活躍が認められ、昨夏に晴れてドイツ王者への入団を果たしたばかりのサンチェスだが、カルロ・アンチェロッティ監督からの信頼を得ることができず、その本領を発揮できていない。そんな同選手に対し、触手を伸ばしたのが今夏にアグレッシブな戦力増強を敢行しているミランだ。すでに中盤の補強としてルーカス・ビリアやフランク・ケシエら実力者を加えている同クラブだが、若きポルトガル代表MFと相思相愛であれば、新たに行動を起こす可能性も大いにあるだろう。独紙『Bild』は、ミラン行きに関心を示すサンチェスの言葉を伝えている。

「僕は当然もっとたくさんの時間をピッチ上で過ごしたい。今よりも出場時間を与えてくれるチームに行きたいよ。ミランへの移籍は良い選択肢になるだろうね。とても興味深い。その機会があるなら、僕としては行きたいよ。アジアツアーを終えてミュンヘンへ帰ったら、なんらかのアクションを模索するだろう。ミランにはこのチームよりもポジティブな環境があると思ってるんだ」

公然とその本音を放出し、自身の願いを語ったサンチェス。まだまだ19歳と若く可能性は無限に広がっているだけに、さらなる成長を期待したいと

ネイマール特集!本当にパリへ行くのか

レアルとバルセロナ

この2チームからオファーが来れば断るサッカー選手はまずいないだろう。

ただし、今ここに一石を投じる選手が存在する。

ブラジル代表 ネイマールである。

何故メッシ

何故クリロナ

何故スアレス

俺はもっと、もっと上に行ける筈なんだ

俺こそがスター

メッシが引退すれば、、、なんてピケは言う。

違う存命の時に対決したいんだ

だって俺はセレソンを背負ってるから

俺はみんなの期待に応えないと

 f:id:nupwhite:20170724215814p:image

セレソンの誇りにかけて

 

そんな声が漂う

何かを得たければ

何かを捨てなければ

世界一の選手を目指したければ

世界一のクラブを離れなければ

 

断言する

移籍するしない関係無しに

覚悟を持ったこの男は来季に大爆発するだろう。

 

以下スポニチアネックス引用

移籍金2億2000万ユーロ(約286億円)でパリ・サンジェルマン(フランス)へ移籍する可能性が報じられているバルセロナ(スペイン)のブラジル代表FWネイマール(25)について、スペイン紙スポルトは24日、独自情報として同僚のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(30)とウルグアイ代表FWルイス・スアレス(30)が残留するよう説得したと伝えた。

 メッシ、スアレス、ネイマールの頭文字をとって「MSN」と呼ばれる世界屈指の3トップのミーティングは、プレシーズンツアー先の米国ニュージャジー州で21日夜に数時間にわたって行われ、プライベートでも仲が良い2人から説得を受けたネイマールは最終的に「残留する」と語ったという。

 また、バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケ(30)は24日、自身のインスタグラムにネイマールとの2ショット写真を投稿し「残る」と一言だけコメント。ネイマール残留決定を示唆するメッセージとみられているが、本人、クラブからは公式の発表は出ていない。

神戸 ポドルスキ デビュー戦

 

f:id:nupwhite:20170722232757j:image

 

 

 https://youtu.be/W_FSOFiHyjU

サッカーキング引用

プレシーズンマッチが22日に行われ、ベガルタ仙台とヴィッセル神戸が対戦した。

 注目を集める神戸新加入の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが先発出場で実戦デビュー。すると試合開始直後から魅せる。1分、ポドルスキがペナルティエリア前左で左足を振り抜き、強烈なミドルシュート。これは枠を捉えられなかったものの、来日初ゴールに期待も高まった。

 試合が動いたのは6分。神戸は敵陣中央の小川慶治朗が前線に浮き球パスを送ると、渡邉千真がエリア内に抜け出し、相手GKもかわして左足で無人のゴールに流し込んだ。


 さらに神戸は34分、ハーフウェイライン付近でパスを受けたポドルスキが前線へ絶妙なスルーパス。これを受けた渡邉が一気にエリア内右に抜け出し、右足シュートを沈めた。


 2点ビハインドとなった仙台は42分、左サイドからのFKで三田啓貴からのボールを、ゴール前でフリーとなったクリスランが頭で合わせて1点を返した。


 1点リードで折り返した神戸は、ポドルスキを下げて安井拓也を投入し、後半を迎える。その後はスコアが動かず、このまま試合終了かと思われたが、アディショナルタイム2分に仙台がPKを獲得。このPKをジャーメイン良が自らゴール左に決めて、仙台が土壇場で追い付いた。

 試合は2-2のまま90分を終え、PK戦に突入。先攻の仙台が1人目から2人続けて失敗したのに対し、神戸は4人全員が成功させてPK戦を制した。

 仙台は30日に2017明治安田生命J1リーグ第19節で柏レイソルと対戦。神戸は29日に大宮アルディージャと対戦する。

【スコア】
仙台 2-2(PK:2-4) 神戸

【得点者】
0-1 6分 渡邉千真(神戸)
0-2 34分 渡邉千真(神戸)
1-2 42分 クリスラン(仙台)
2-2 90+3分 ジャーメイン良(PK)(仙台)