NARUDAKE海外サッカー

海外で活躍する日本人を応援するサイト

伊藤達也!スターダムへ!

f:id:nupwhite:20171117213643p:image

20年東京五輪世代の主役候補、ドイツ1部ハンブルガーSVのMF伊藤達哉(20)に欧州6カ国の計10クラブが興味を示していることが16日、分かった。
各国関係者の話を総合すると、日本からJリーグを経由せず本場欧州に引き抜かれた異色ドリブラーに対し、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティー、イタリアのインテルミラノ、トリノ、ドイツのライプチヒ、シャルケ、フランクフルト、ウォルフスブルク、オランダのPSV、ポルトガルのベンフィカ、オーストリアのザルツブルクが熱視線を送っているという。

伊藤は9月24日のレーバークーゼン戦で初出場。
20歳にして通算30人目の日本人ブンデスリーガーになった。
6試合連続の出場となった直近4日のシュツットガルト戦も先発し、3-1の勝利に貢献。
左右のウイングを主戦場に、キレのある突破でカウンターの味方ターゲットになっている。

伊藤は18歳になった15年6月に、ハンブルガーSVと来年6月までの3年契約を結んだ。
クラブは契約延長を希望して交渉を進めているが、予想以上の活躍で市場価値が上がっているといい、他クラブも人気沸騰前の獲得を視野に入れている。
9日には代表期間明けの敵地シャルケ戦があり、出場が濃厚。
スカウトが大挙する可能性も出てきた。
9日の5部相手の練習試合で“トップチーム初ゴール”を記録するなど好調を維持。
クラブが「旋風」と形容する東京世代・伊藤の周囲が騒がしくなってきた。

日刊スポーツ引用

日本人ポカールで活躍!香川のゴール

 現地時間24日、DFBポカール(ドイツ杯)2回戦がドイツ各地で行われた。

 日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは3部のマクデブルクと対戦した。試合はアウェイのドルトムントが香川のゴールなどもあり5-0で勝利を収めた。

f:id:nupwhite:20171025071558j:image

 

 日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツは3部のキールと対戦した。延長までもつれ込んだ試合はホームのマインツが3-2で勝利した。なお、武藤は62分から出場したがゴールを挙げることは出来なかった。

 FW宇佐美貴史が所属するフォルトナ・デュッセルドルフはホームでボルシア・メンヒェングラッドバッハと対戦し0-1で敗れた。宇佐美は68分から途中出場を果たしている。

 日本代表MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトは4部のシュバインフルトと対戦した。長谷部はベンチ外、鎌田は出場なしに終わった試合はアウェイのフランクルトが4-0で快勝した。

 インゴルシュタットに所属するMF関根貴大はグロイター・ヒュルトと対戦し3-1で勝利した。関根は先発出場するも前半のみの出場となった。

 内田篤人が所属するウニオン・ベルリンはレバークーゼンと対戦し1-4で敗戦した。左足の肉離れで戦列を離れている内田はベンチ外だった。

 以下は24日に行われたドイツ杯2回戦の試合結果である。

マクデブルク 0-5 ボルシア・ドルトムント
マインツ 3-2 キール
パーダボルン 2-0 ボーフム
ヴェーエン 1-3 シャルケ
デュッセルドルフ 0-1 ボルシア・メンヒェングラッドバッハ
レバークーゼン 4-1 ウニオン・ベルリン
シュバインフルト 0-4 フランクルト
グロイター・ヒュルト 1-3 インゴルシュタット

 フットボールチャンネル引用

 

香川プレー集

https://youtu.be/_lzvY6yPiOc

 

スコットランドが絶賛!中村俊輔はまだ終わらない!

https://youtu.be/qgErdRM0BQI

敵地清水戦の後半17分、右コーナーキックから中村が直接決めるスーパーゴール

f:id:nupwhite:20171015233518j:image
 J1ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔は、14日のリーグ第29節、敵地清水エスパルス戦の後半17分に右コーナーキックを直接決めてチームの3-0の勝利に貢献した。その黄金の左足から生まれたスーパーゴールを、かつて活躍した英国メディアも早速取り上げて絶賛している。

「見よ。セルティックのレジェンド、シュンスケ・ナカムラがコーナーキックを直接決める超絶ゴールで健在ぶりを見せた」と報じているのはスコットランドメディアの「スコティッシュ・サン」紙。セルティックの中心選手として活躍した中村の離れ業をレポートしている。

 磐田の1点リードで迎えた後半16分、右サイドからのコーナーキックでキッカーを務めた中村はインスイングのキックをニアサイドへ送った。清水DF角田誠がクリアを試みたが、ボールはその足の間をすり抜けてゴールマウスに吸い込まれた。

 記事では、「正確無比なセットプレーで有名な日本人のスターがいまだ健在の能力を証明した」と称賛されている。スコットランドでカルト的人気を誇る中村は、「日本のレジェンド」、「元フープス(セルティックの愛称)のエース」などと紹介されている。セルティックを退団した2009年から8年以上が経過しているが、いまだに大きな注目を集めている。

フットボールZONE引用

スペインに憧れて!乾貴士の夢!

f:id:nupwhite:20171010203656j:image
リーガ公式が乾のインタビュー映像を公開 [写真]=Getty Images 写真を拡大  リーガ・エスパニョーラ公式サイトは9日、エイバルに所属する日本代表FW乾貴士の特集ビデオを公開した。

 リーガ・エスパニョーラ公式サイトは7分に渡る乾とのインタビュー動画を掲載。乾は「ずっとスペインでやりたかった。代理人と話し、ドイツからの方がスペインに行きやすいということもあった。たまたま第一歩がドイツだったというだけで、最終的にスペインでやりたいという気持ちがあった」とスペインへの思いを語った。

「移籍市場が閉まる頃にオファーを貰った。正直エイバルの場所とかは知らなかった。それでも、給料が下がったとしてもスペインでやりたかったです」

 将来については「できるだけ長くスペインでやりたいですし、このエイバルに長くいることができたら幸せなサッカー人生だったと思える。エイバルのすべてが好きです」と話し、これからもエイバルでプレーしていくことが希望だと明かした。

 日本との違いを聞かれると、「日本はスペインほどサッカーに執着というか、人気はないです」と応えた乾。ともにスペインで戦う柴崎岳(ヘタフェ)については「日本とスペインをつなぐ選手になる」と期待を寄せている。

 また、エイバルで一番好きな選手はスペイン人MFダニ・ガルシア、よく話す選手にはスペイン人FWキケ・ガルシアやスペイン人DFアンデル・カパをあげたが、1番の友達は「選ぶのが難しい」といい、「ムチョ(たくさん)」と笑って応えた。サッカーキング引用

乾のタッチ集

https://youtu.be/diAX4-aOUck

 

 

 

オランダに行ったら誰もオランダ!いや香川がいたーー!!!!!

こんなとこにおったんか

さがしたんやで

 

香川のループは探しましたらオランダに

おりました!

f:id:nupwhite:20171006081050j:image


ニューストップ > スポーツ > 海外サッカー
香川真司 ドルトムント 海外サッカー日本人選手 スポーツニュース
香川のループ弾は「芸術作品」と絶賛 海外メディア「最も美しいゴールTOP5」で1位に輝く

4
2
2017年10月5日 19時51分 Football ZONE web
香川のループ弾は「芸術作品」と絶賛 海外メディア「最も美しいゴールTOP5」で1位に輝く
写真拡大
先週末の各国リーグで生まれたゴールを対象に「FOXスポーツ」オランダ語版が選出
 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、9月30日に行われたブンデスリーガ第7節の敵地アウクスブルク戦(2-1)に先発出場し、右足のループシュートで決勝ゴールを挙げた。このゴールが、オランダメディアが選ぶ今週の「最も美しいゴール」に選出された。

 香川は1-1で迎えた前半23分、ウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコのパスをダイレクトのループシュートでゴール左隅に沈めた。香川はCKのキッカーとしてヤルモレンコが決めた先制点の起点になっており、チームの全得点に絡む活躍で勝利に貢献していた。

 先週末に行われた各国リーグ戦で生まれた得点の数々から、最も美しいゴールのトップ5を特集したのは衛星放送「FOXスポーツ」のオランダ語版。香川のループシュートは栄えある1位に選ばれ「芸術作品」と絶賛された。

 ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルの週間ベストゴールトップ5でも2位に選出されていた香川の芸術弾。ドイツ国外でも大きな反響を呼んでいるようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】「FOXスポーツ」オランダ語版が選出し、公式ツイッターで公開した「最も美しいゴールTOP5」
https://twitter.com/FOXSportsnl/status/915496838266056704
「FOXスポーツ」オランダ語版が選出し、公式ツイッターで公開した「最も美しいゴールTOP5」

 

武藤が息巻く!W杯への向上心‼️

W杯へは俺が行く‼️

f:id:nupwhite:20171004073146j:image

 

サッカー・日本代表合宿(2日、愛知・豊田市内)W杯ロシア大会への強化となる国際親善試合キリンチャレンジ杯、ニュージーランド戦(6日、豊田スタジアム)に向けた合宿2日目。浦和勢とこの日帰国したFW武藤嘉紀(25)=マインツ=ら海外組7人が合流した。武藤はW杯出場を決めた8月31日の豪州戦で、欧州勢でただ一人ベンチ外だった。怒りをエネルギーに変え、来年6月の本大会でのメンバー入りへ逆襲を誓った。

 ロシアへは俺がいく。土砂降りの冷たい秋雨を吹き飛ばすかのように、FW武藤がポジション争いへ闘志を燃やした。

 「非常に重要なチャンス。このチャンスを逃すわけにはいかない」

 マインツで今季3点目を奪って勇躍合流した代表合宿。3トップに化学反応を起こすのは自分とばかり鼻息を荒くした。

 ともに31歳のFW本田(パチューカ)とFW岡崎(レスター)の常連は選出から外れた。ハリルホジッチ監督はメンバー発表の席上、「杉本と武藤にチャンスを与えたい」と明言。武藤はドリブルだけでなく、ヘディングにも迫力が加わり、得点パターンが増えた。

 W杯ロシア大会出場を決めた8月の豪州戦では、招集されながらも試合では欧州組でただ一人ベンチ外という憂き目に遭った。「あんな悔しさは味わったことがない。言葉にならない思いだった」。指揮官から明確な理由説明もなく、期待に添えられなかった自分自身に腹が立った。

 前線の陣容を見直そうとする指揮官は、それでも武藤を再招集した。同学年のFW杉本との争いが待つ中で「2人とも残るかわからないし、どちらもいなくなるかもしれない。結果を残した者勝ち」と気を引き締めた。

 慶大4年だった2014年9月5日のキリンチャレンジ杯、ウルグアイ戦で国際Aマッチデビュー。同9日の同ベネズエラ戦で初得点を決め、日本代表としてのキャリアをスタートさせた。思い出深い大会で結果を残し、W杯に向けた新たな一歩を踏み出す。

10/3(火) 7:00配信 サンスボ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000026-sanspo-socc

大怪我!悲報柴崎が長期離脱‼️

ヘタフェは2日、MF柴崎岳が手術を受けたことを発表した。

柴崎は9月16日のリーガエスパニョーラ第4節バルセロナ戦(1-2)でボレーシュートで得点を決めた後、左足甲を痛めて途中交代を余儀なくされていた。

ヘタフェはその後、柴崎の容態について沈黙を貫いていたが、2日に「ガクの左足中足骨亀裂骨折の手術は完全に成功しました。回復の時期にいます」と手術をしたことを報告した。

『Goal』が入手した情報によれば、柴崎の離脱期間はバルセロナ戦から2カ月前後となる模様。約1カ月半で練習に復帰し、実戦で起用できるのが約2ケ月後になる。 柴崎は今後、リーガではレアル・マドリー戦、レバンテ戦、レアル・ソシエダ戦、ベティス戦、さらに国王杯のベスト32も欠場する見込み。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000029-goal-socc 10/2(月) 21:40配信