なるだけ海外サッカー(日本人情報サイト)

海外サッカーで活躍する日本人を応援するサイト

4年後に向けて動き出す、、、昌子源に海外からオファー⁈

ロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦のベルギー戦、2点を先取しながらも追いつかれ、アディショナルタイムに失点というショッキングな逆転負けを喫した日本代表。90分にわたってベルギーのロメル・ルカクと死闘を繰り返した昌子源は、試合後にフィールドに倒れこみ、両こぶしを何度も叩きつけた。

 彼は試合後、決勝点を奪われた試合終了間際のカウンターを振り返り、「何で追いつけんのやろ」とこぼした。全速力で自陣に戻りながらも、シャドリへのスライディングはわずかに及ばす、得点を許してしまった。その届かなかった距離に、悔しさとやるせなさ、不甲斐なさを覚えていたようだった。
 しかし、世界有数のアタッカーであるコロンビアのラダメル・ファルカオ、セネガルのサディオ・マネ、そしてベルギーのルカクと対峙し、いずれにおいても粘り強い守備を見せた昌子に、海外のクラブが興味を持ち始めている。


 フランス・メディアの『DNA』と『L’ALSACE』は、フランス1部のストラスブールが獲得を狙っていると報道。「25歳と若くはない点はネックだが、移籍候補にリストアップされている」と伝えている。

 また、大迫勇也が加入したばかりのドイツ・ブンデスリーガのブレーメンも、水面下で昌子の獲得に動いているという話が、ドイツのジャーナリスト間やサッカーコミュニティで浮上しているようだ。

 実は、彼のブレーメンへの移籍話は、2017年3月の時点で一度報じられていた。ブレーメンのスカウトが代表戦へ足を運んでいる姿が目撃されていたからだ。ただし当時は、本人も「(クラブ側の)興味程度だったのでは?」と慎重だった。

 しかし、ワールドカップでの活躍を機に、再燃する可能性は十分がある。

「しっかりと守って、日本を勝たせる選手になりたい」

 ベルギー戦後にこう語った昌子は、次回のカタール大会で29歳。奇しくも、今大会で守備の主軸を担った吉田麻也と同い年となる。次なる守備陣の中心として期待がかかる昌子にとって、さらなる成長を遂げるための海外移籍という選択が現実味を帯びてきた。

f:id:nupwhite:20180705070448j:image
f:id:nupwhite:20180705070358j:image

 

華麗なる躍進!日本代表7番柴崎にミラン、ドルトムントが興味を示す!

ロシア・ワールドカップ(W杯)で日本の4試合全てにスタメン出場し、強烈なインパクトを残したヘタフェMF柴崎岳に、欧州トップクラブが熱視線を送っているようだ。イタリアメディア「カルチョメルカート・コム」ではACミランが獲得に興味を持っているとしたほか、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントからの関心も伝えられている。

 柴崎は西野朗監督の就任を機にレギュラーに定着。ロシアW杯では4試合全てで先発出場し、中盤の司令塔として躍動した。2-3で敗れた現地時間2日のベスト16・ベルギー戦(2-3)ではロングスルーパスでMF原口元気の先制ゴールをお膳立てした。

 スペインのヘタフェでプレーする柴崎の活躍は、イタリアメディアでも称賛されている。西野監督からMF長谷部誠とのコンビに抜擢された26歳は、すぐに期待に応え、「常にロジカルな選択をし、常に正しいタイミングでプレーする」と評された。

 2016年末に行われたFIFAクラブワールドカップではレアル・マドリードから2得点を奪い、その後にスペインへ移籍。2部テネリフェでの半年間を経てヘタフェに加入すると、17年9月のバルセロナ戦では圧巻の左足ボレー弾を決めるなど大一番で輝きを放ってきた。初参戦のW杯での活躍も印象的で、今ではスペインの強豪クラブや香川の所属するドルトムントを含むドイツのクラブから関心を寄せられているという。
.
■ミランは「数年前、すでに視察をしていた」

 イタリアのミラン専門メディア「ピアネッタ・ミラン」でも柴崎に対するミランからの関心が報じられている。「シバサキ、W杯の宝石」と称えられ、「日本代表のガク・シバサキはロシアW杯でみんなを驚かせた。ACミランは数年前、すでに視察をしていた」と以前から柴崎に注目していたことが紹介されている。

 ロシアW杯で評価を高めた柴崎。この夏にステップアップを果たすことになるのだろうか。

7/4(水) 13:16
Football ZONE web

f:id:nupwhite:20180705065252j:image

その気持ちが強くする、、、日本の守護神になった昌子

日本代表のDF昌子源が3日、ベースキャンプ地のカザンで報道陣の取材に応じ、2―3で敗れた決勝トーナメント1回戦、ベルギー戦の3失点目のシーンを回想し、そのときの心境を生々しく明かした。

2―2で迎えた後半ロスタイム4分、日本のCKからカウンター攻撃を受けた。
敵陣ゴール前に攻撃参加していた昌子は全速力で戻る。目の前でベルギーの選手がスピードに乗っていくのが見えた。追いつこうと必死に追った。

「僕のところからは全部見える。デブルイネ選手が右に出して、ムニエが中に入れた。
そこで頼む、ルカク、スルーせんといてくれっていう。ずっと思っていた。走りながら。全速力で戻っているはずなのに、色んな思いが出てきて…。
ルカク選手にスルーされた時に、何かこう肉離れしてでも、骨が折れてでも、何でもいいからとにかく間に合ってくれって」

願いは届かず、右サイドからのクロスをルカクはスルーし、後方から走り込んだフリーのシャドリにネットを揺らされた。最後の最後、昌子が願うように滑り込んだ右足は届かなかった。

「めちゃくちゃスローモーションに見えて。何を犠牲にしてでも、頼むから届いてくれ。そう思ったことは今までなかった。
あれだけ必死に走っているのに、気持ちでは頼む、ルカクがそのままシュート打ってくれって思いが浮かんでくる。

ハセさん(長谷部)にも声が届かない。無抵抗。こんだけ頑張ってるのに何もできない自分。腹立った。本当に自分の目の前で決められたから」

試合後は全く眠れなかったが、今も眠くないという。
「明日、またベルギーと試合があるんじゃないか」と現実を受け入れることは、まだできない。

「ツイッターのリツイートとかで、あのシーンが流れてくる。見たくないのに。頭の中でずっとあのシーンが流れている。失点のシーンが。見たくないのに。しんどい。ほんまにしんどい。前の人が仕事をしてくれた。後ろのオレが守りきれなかった。先輩たちに(ベスト8の)景色をみせられなかった」。

試合後、ピッチを叩いて号泣した。「いつか、日本のゴールを守る選手に、男になりたい」と言ったものの、まだその目標にたどり着く道は描けない。昌子は「無理に切り替え

f:id:nupwhite:20180705065016j:image

恥ずべき日本、、、何の為のW杯

日本対ポーランドで負けた

負けようとして負けた

 

日本代表の誇り

W杯の誇り

日本人の美徳

 

全てを汚した

 

これが戦術、勝負の世界と長谷部はいう

それは誰が望んでいたのだろう、、、

 

思い出した、、西野ジャパンは最初から忖度ジャパンだった

 

一位を目指さない方がおかしい組み合わせトーナメントになってる中、日本はあえて負けに行った

 

ベルギーに負けたら誇りだけを失った愚かな人間になるのだ。

悲しいのは誰1人最後まで走ろうとしなかったこと。

原口の美談を放送してるが入院してる子はそれを望んだのか、、、

彼らは何を背負ったのか

何のために夢を追いかけてきたのか

f:id:nupwhite:20180629071617j:image

以下bbc

ロシアワールドカップ1次リーグH組(28日、日本0-1ポーランド、ボルゴグラード)勝ち点4で首位タイの日本は、すでに敗退の決まっているポーランドに完封負けしたが、コロンビアがセネガルを1-0で下し、フェアプレーポイントの差でセネガルを上回ったため、2010年南アフリカ大会以来、3度目の決勝トーナメント進出を決めた。

 後半14分、日本は自陣中央付近でFKを与えると、ポーランド代表DFクルザワのボールにDFベドナレクが右足で合わせゴールネットを揺らし先制を許した。その後は最終ラインでのボールまわしをはじめ、無理に攻撃をしなくなった。

 英BBC電子版は「日本は目的もなくパス回しをして奇妙だ。ブーイングも飛んでいる。
セネガルが得点しない前提でのギャンブルだ」と批判した。

大天使アルゼンチン代表メッシl

神は僕とともに、、、

 


【6月26日・サンクトペテルブルク|グループD アルゼンチン 2-1 ナイジェリア】

 窮地のアルゼンチンを牽引したのは、やはり背番号10だった。

 ロシア・ワールドカップ、グループD最終戦、ナイジェリアとの大一番を迎えたアルゼンチン。引き分け以下で敗退が決定する危機的状況下で、エースのリオネル・メッシは、殊勝な働きをみせる。

 立ち上がりからよりゴールへ近い位置でプレーし続けたメッシは、14分、エベル・バネガからの絶妙なボールに抜け出すと、鮮やかな左足のトラップでボールを巧みにコントロール。最後は利き足ではない右足で冷静に決めた。

f:id:nupwhite:20180627103510j:image

 今大会初ゴールを決めたメッシは、51分に微妙な判定でのPKでナイジェリアに追いつかれたあとも、ドリブルや的確なボール捌きで、停滞しそうなアルゼンチンの攻撃を牽引。そんな背番号10の献身的な働きもあり、チームも86分にマルコス・ロホが決勝弾をゲット。土壇場で勝ち越してグループ敗退危機を免れた。

 大一番で千両役者っぷりをいかんなく発揮したメッシは試合後、「神が僕らと共にいることを知っていた」と明かし、試合を次のように振り返った。

「もし、あのPKで引き分けていたなら僕らにとっては不公平で無残な結末だったね。でも、神が僕らと共にいて、彼が僕らを見放すことはないとわかっていた。得点して勝つことができると信じていたけど、かなり苦しんだ。ナイジェリアに追いつかれた後は、緊張と不安に押し潰されそうだったよ。でも、僕らは敗北に値しないチームだ。勝って、次に前進できたことが何よりも嬉しいよ」

 感慨に浸ったメッシはさらにスタンドで大声援を送ってくれたサポーターたちへも感謝の言葉を送っている。

「大きな犠牲を払って、僕らの為に集まってくれたサポーターのみんなに感謝したい。この勝利は彼らにも捧げたい」

 決勝トーナメント1回戦の相手は強敵フランスだ。グループリーグでの戦いを考えれば、これまで以上の苦戦が考えられる。「彼らは熟練したプレーヤーが揃うとても手強いチームだ。一瞬で仕事ができる攻撃的な選手もいるね」と警戒を強めたメッシは、「だけど、僕らも愚かじゃない。何をしなければいけないかは分かっているよ」と、自信を覗かせた。

ジョーカー本田圭祐!川島を擁護!あえてね笑

 【カザン(ロシア)25日=久保武司】W杯ロシア大会で2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出に王手をかけているサッカー日本代表(FIFAランキング61位)は、28日午後5時(日本時間同11時)開始の1次リーグH組最終戦(ボルゴグラード)でポーランド(同8位)と対戦する。歴代日本代表で最低だった下馬評を覆す快進撃に、列島からは称賛の声が贈られている。ただ一人のカヤの外がGK川島永嗣(35)=メッス。ネット上でミス連発をとがめられ過酷なバッシングを浴びているのだが、あの男は川島を擁護している。

 「僕はね、割とたたかれるの、ホントに感謝している部分があるんで、楽しんでいる部分もあるんですけど。そうじゃない人もたくさんいるから、それはちゃんとみんなが守ってあげないといけないと思っている。メディアの皆さんもね、そこの上げ下げを楽しむのは、僕だけにしておいてほしいな、というふうに思いますね」

 MF本田圭佑(32)は24日のセネガル戦(エカテリンブルク)を自身の起死回生の同点ゴールで引き分けに持ち込んだ直後、そう訴えた。

 批判はすべてオレが引き受ける。チームメートには手を出さないでくれ。口調こそ淡々としていたが、熱い男気あふれる内容だった。

f:id:nupwhite:20180627102909j:image
 いま、SNSなどを通じて誰よりも批判にさらされているのが川島だ。

 1次リーグ初戦のコロンビア戦(サランスク)でも細かいミスが目立ったが、セネガル戦では決定的な失態があった。

 前半11分、真正面に飛んできたシュートをキャッチせず、不用意にパンチングして、目の前に詰めていた相手FWマネへパスする格好に。難なく先制ゴールを献上した。

 騒然とするスタジアム。険しい表情の同僚。嫌な空気が立ちこめた中、ここでもベンチスタートの本田が立ち上がり、ピッチの仲間に向かって“落ち着け、落ち着け”と2度手で制するジェスチャーを見せた。

 だが、川島へのバッシングは思わぬ形で火の手が広がる。ツイッターなどで、FW大迫(ブレーメン)の代名詞「大迫半端ないって」をもじり、「川島それはないって」との言葉が拡散したのは、まだいい。

f:id:nupwhite:20180627103223j:image

f:id:nupwhite:20180627103229j:image

 ネット上の百科事典で無料で閲覧、書き込みができる「Wikipedia(ウィキペディア)」が、川島のミスを揶揄する書き込みで“炎上”した。

 セネガルに先制を許した10分後には、川島のプロフィル欄が「セネガル代表」に書き換えられ、名前が「ロケットパンチ川島」、肩書が「ボクシング選手」と悪のりが続いた。「パンチングによるゴール献上を得意としている」といった辛辣な中傷など、200回以上も延々と陰湿な“編集”が続いた。

 ついにウィキペディア側は、川島のページを保護ページに設定。書き込みができないように制限したほどだ。

 世界のサッカーファンもツイッター上で「W杯最低のゴールキーパー」「カワシマは大災害だ」「メルシー、カワシマ」と英語やフランス語で書き込み、国際的なマツリ状態に陥った。

 そんな中、“地獄に仏”のような本田の言葉。というのも、これまでインターネット上で誰よりもたたかれてきた日本人サッカー選手が、他ならぬ本田だった。

 ハリルホジッチ前監督の電撃解任に際しては、本田が日本協会側に直訴した結果と取り沙汰され、「もう日本代表に要らない」など“本田不要論”が噴出した。

 それが、コロンビア戦で大迫(ブレーメン)の決勝点をアシストし、セネガル戦で決勝ゴールを挙げると、途端に「これまですんませんでした!」「やっぱり持ってる」「結果を出す男」などと絶賛コメントであふれた。

 そんな手のひら返しにも、本田は慣れたもので、どこ吹く風だが、仲間が“袋だたき”にあっている姿は黙ってみていられない。

 「結果だけを見るんじゃなくて、それは僕だけじゃなくてね、ここの代表にいる連中っていうのは、出てないメンバーも含めて、ホント、日本人が想像もできひんような努力をしてきて、この場にいる」と訴えた。

 いつも挑発的な言動を繰り返し、チーム内で浮いているかのような本田だが、「圭佑はあえてヒール役を引き受けてくれている。メディアを相手にきついコメントをしたりしているけど、チーム内部では圭佑が一番の“いじられキャラ”ですよ」と主将の長谷部が証言する一面もある。

 ちなみに、いまネット上では「本田△」の文字が頻繁に登場し、「大迫半端ないって」に匹敵する流行語の様相を呈している。本田、三角形、つまり「本田さん、カッケー(カッコイイ)」と読むそうだ。

 本田はこの日、自身のツイッターに突然、歌手のマイケル・ジャクソン(2009年6月25日死去)の写真を掲載。「今日はマイケルが亡くなった日なんです。そして彼は僕のアイドルだったので」「彼は何を想ってあれだけの活動をしてきたのか、直接聞けないのがただただ残念です」などとつづり、批評されるだけでなく自らネット社会に攻め入っている。

 誹謗中傷はともかく、ミスの多い川島を別のGKに代えるべきではないか、という冷静な議論はあっていい。もともと批判の声があることも承知の上で、川島の豊富なキャリアを買って2試合連続で起用した西野朗監督の決断はいかに。

zazaka

アフリカに強かった!反骨魂でいい顔になった本田!

反骨魂溢れるこの男のサッカーは

テクニカルでなくあまり好きでは無かったが

実は今大会のジョーカーなのかもしれない

この男やる男です!

 

 

f:id:nupwhite:20180626073054j:image

 「ロシアW杯・H組、日本2-2セネガル」(24日、エカテリンブルク)

 日本代表は1次リーグ第2戦でセネガルと2-2で引き分け、1勝1分けの勝ち点4でH組の首位をキープ。決勝トーナメント進出に前進した。2度にわたってリードを許す厳しい展開だったが、1-2の後半33分、途中出場のMF本田圭佑(32)=パチューカ=のゴールで追いついた。コロンビアはポーランドに完勝して勝ち点3とし、ポーランドは2連敗で敗退が決定。日本はポーランドとの最終戦(日本時間28日午後11時、ボルゴグラード)で勝つか引き分ければ、他の試合結果にかかわらず2大会ぶり16強進出が決まる。

 反骨の左足で、本田が伝説に肩を並べた。日本を敗戦の淵から救う同点弾で、初戦のコロンビア戦で記録したW杯3大会連続アシストに続き、W杯3大会連続ゴールも達成した。いずれも日本人初で、W杯3大会連続弾はアジア人では朴智星(韓国)以来2人目、W杯通算4得点はアジア勢歴代最多。さらにW杯3大会で得点とアシストを記録したのは14年のロッベン(オランダ)、ギャン(ガーナ)以来となる。過去にはラトー(ポーランド)、フェラー(ドイツ)、ベッカム(イングランド)らも成し遂げた偉業に名を連ねた。

 32歳11日でのゴールは30歳で得点した98年大会の中山雅史らを上回りW杯日本人最年長記録となった。それでも試合後は「(1-2の)こういう流れで出て、結果を出せたことはうれしく思う。勝ち点3を取りに行けたらという欲はもちろんあるが、これがW杯」と、笑みも浮かべず淡々と振り返った。

 長く代表に君臨してきたが、近年立場は激変した。前体制では16年11月の最終予選サウジアラビア戦から3試合連続で先発から外れた。手倉森コーチから掛けられた「お前の勝負はここじゃない。ロシアだろう」という言葉を胸に刻んだ。17年9月から半年間も代表から遠ざかり、W杯メンバー入りは当落線上に追いやられ、周囲には弱音を漏らすこともあったという。

 西野監督就任後、トップ下に据えられたが、W杯に向けた事前合宿で香川に定位置を奪われた。それでも「サブに対してこれだけ前向きに考えられたサッカー人生なんてなかった。W杯がそうさせてくれている」と、控え組に回っても、黙々と準備を怠らなかった。

 代表でのゴールは16年9月の最終予選UAE戦以来約1年9カ月ぶり。国際Aマッチ通算37得点とし、原博美と並んで歴代4位に浮上した。ゴール後は大きく目を見開き、おどけた表情で岡崎と“敬礼ポーズ”で喜びを分かち合った。オーストラリアで行われた15年1月のアジア杯ヨルダン戦で先制ゴールを決めて以来。「圭佑が『やろう』と言ってきたので」(岡崎)と3年ぶりに敬礼を決めた。

 届けたい思いもあった。18日に襲った大阪北部地震。本田の故郷摂津市でも19日に予定していたコロンビア戦のパブリックビューイングが中止になるなど影響が出た。これまで「あえてコメントしなかった」が、「向こうの人たちが何か感じてもらえるなら、少しでも元気になってもらえるならうれしいです」と秘めていた胸の内を明かした。

 2大会ぶりの16強進出を大きくたぐり寄せた、乾坤一擲の一振りだった。同学年の2人が惜しみなく称える。「アイツのW杯への強い思いと共に、W杯がゴールを呼んでいる」と岡崎。そして長友は言う。「やっぱり“持っている”。W杯に愛された男じゃないですか」。本田には、W杯がよく似合う。