NARUDAKE海外サッカー

海外で活躍する日本人を応援するサイト

世界が称賛!!柴崎の伝説的なゴール

 

f:id:nupwhite:20170918133350j:image

 

リーガ・エスパニョーラ4節、ヘタフェとバルセロナの一戦で、日本代表MF柴崎岳が、世界中に衝撃を与えるゴラッソをねじ込んだ。
 
 試合はホームのヘタフェが1-2の逆転負けを喫し、柴崎自身は54分に足首を痛めて負傷交代となったが、その鮮烈なパフォーマンスに対し、称賛の声が相次いでいる。
 
 以下、欧米の有力メディアが伝えた“賛辞”を一挙紹介しよう。
 
●スペイン紙『La Vanguardia』
「シバサキがボルダラス監督の4試合連続スタメン起用に、報いて見せた。つねに足を止めずにボールを追い続け、バルサにプレッシャーを感じさせた。極めつけが先制弾。阻止不可能な左足ボレーで、カタルーニャの巨人を沈黙させたのだ。しかしながら彼の負傷交代(54分)を潮目に、流れはバルサに傾いた」
 
●米スポーツ専門チャンネル『ESPN』
「左足から放った甘美なボレーショットが、ヘタフェのサポーターに特大の夢を与え、世界中のファンを熱狂させた。あれはテア・シュテーゲンでもノーチャンスだ。まるでロケットのようにゴールに突き刺さった」
 
●英テレビ局『Sky Sports』
「信じられないボレーでバルサを撃ち抜いた。ベルガラが頭で返した浮き球を、猛々しいショットでゴールにねじ込んだのだ。バルサに与えたショックは大きく、彼らはリカバーするためにさらなるハードワークを強いられた。後半もスタートから勇猛に戦ったが、54分に負傷交代」
 
●オランダ・サッカーサイト『Voetbal International』
「良くないながらも前半のバルセロナ・ディフェンスは、致命的なピンチには陥らなかった。だが、39分に突如として悪夢に見舞われる。ガク・シバサキがパーフェクトな左足ボレーを放ち、テア・シュテーゲンの頭上を抜いたのだ。ドイツ代表GKはこの試合を通して終始素晴らしい出来だったが、あの一撃だけはさすがに止められなかった」

●オランダ全国紙『AD』
「ガク・シバサキが、まるで左足に魔法をかけたかのようなショットで、ヘタフェにリードをもたらした。結果的にバルサ相手に大金星をもたらすゴールとはならなかったが、ファンの間であの名シーンは長く語り継がれるだろう」
 
●スペイン全国紙『AS』
「39分にガクが左足で放ったショットは、本当に鮮やかな一撃だった。プレシーズンでもゴールを決めていたが、プリメーラ(1部)では4節にして初めてのゴール。日本人選手としては、6番目だ。バルサ相手となると、昨シーズンにイヌイがカンプ・ノウで2得点を挙げている。怪我の状態が気になるが、この調子ならもっとたくさんのゴールを決めるだろう」
 
●スペイン全国紙『Marca』
[なんてことだ。日本人が生涯一のゴラッソをバルサ・ゴールに蹴り込んだ。ヘタフェでもっとも才能に溢れる男は、エリア手前からテア=シュテーゲンにとって絶望的な一撃をお見舞いした。バルサの今シーズン初失点であり、リーガでは450分間無失点を続けていたが、その記録も阻止。天才的な閃きで決めた、きわめて価値が高く、輝かしいゴラッソだ。リタイヤは残念だったが、間違いなく今日のメインキャストのひとり。(クラブワールドカップ決勝で)レアル・マドリーにしでかしたことを、バルサ相手にもやってのけたのだ」
 
●フランス全国紙『Le Quipe 』
[元鹿島アントラーズのMFは、昨年末のクラブワールドカップ決勝でレアル・マドリーを相手に2ゴールを挙げた時と同様に、世界中の人びとの目を釘付けにした。彼はビッグクラブとのゲームがきっと大好物なのだろう。圧巻のゴールだった。あれは阻止不能だろう。テア・シュテーゲンが可哀そうに思えるほどの甘美なボレーショットだった」
 f:id:nupwhite:20170918133357j:image

●ドイツ専門誌『Kicker』
「この日のバルサをふたつのショックが襲った。ひとつは前半、ウスマンヌ・デンベレの負傷交代。巨額を投じて獲得した新戦力がハムストリングを傷め、離脱を余儀なくされたのだ。その10分後の39分にもうひとつの衝撃が訪れる。ヘタフェのガク・シバサキが目の覚めるようなボレーをバルサ・ゴールにねじ込んだ。前半のバルサは混乱のままに、45分間を終えた」
 
●イタリア全国スポーツ紙『Gazzetta dello Sport』
「シバサキがゴラッソでヘタフェに途轍もなく大きなアドバンテージをもたらした。ダミアン・スアレスのロングボールをマルケル・ベルガラが落とし、素晴らしい左足のインパクトで、451分間無失点のマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの牙城を崩したのだ」
 
●アルゼンチン全国スポーツ紙『OLE』
「クラブワールドカップ決勝のあの衝撃に匹敵するゴールを決めた。もはやバルサとマドリーにとって、ガク・シバサキは“処刑執行人”と言ってもいいだろう。バルサ戦の左足ボレーは完全なる自信がなければ決まらないショットであり、本物のクオリティーを有していた。惜しくもヘタフェは敗れてしまったが、ガクはあらためて世界にその名を知らしめたのだ」
 
●南米サッカー専門サイト『depor.com』
「いったいガク・シバサキはどの惑星から来たんだ? あのバルサを相手に、あんな情け容赦ないゴラッソ決めるなんて、普通のフットボーラーではない。テア・シュテーゲンは目いっぱいに身体を伸ばしてセーブしようとしたが無駄だった。ガクはレアル・マドリーとバルサの両雄からゴールを奪った初めてのハポネス(日本人)だ」

サッカーダイジェスト引用

 

 

 

 

 

 

 

ハリルジャパンが11月に強豪国と試合!

f:id:nupwhite:20170916190042p:image

ハリル日本、11月ブラジル、フランスと親善試合へ

 6大会連続のW杯出場を決めたサッカー日本代表が、11月に強豪のブラジル、フランスと国際親善試合で腕試しする。日本協会が、11月6~14日の間に両国と欧州で対戦する方向で最終調整中であることが15日、分かった。

 ブラジルは国際サッカー連盟(FIFA)ランク2位、フランスは同8位で、ともにW杯優勝経験がある。来年6月14日に開幕するW杯ロシア大会を見据え、同40位の日本は、これ以上ない相手と戦う見込みとなった。

日刊スポーツ引用

ドルトムント対トッテナム CL注目の試合結果は!

 サッカーキング引用
チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が13日に行われ、トッテナムと日本代表MF香川真司所属のドルトムントが対戦した。
 レアル・マドリード、アポエルとともにグループHに入った両者。大事な初戦をホームで迎えるトッテナムはFWハリー・ケインやFWソン・フンミンらが先発に名を連ねた。一方、アウェイで勝ち点3獲得を目指すドルトムントは香川が今シーズン公式戦初スタメン。そのほか、新加入のFWアンドリー・ヤルモレンコらが起用された。
 試合は早い時間に動く。4分、自陣で奪ったボールをカウンターにつなげたトッテナムはハリー・ケインのスルーパスに抜け出したソン・フンミンがペナルティエリア内左に侵入。角度のないところから左足でニアサイドを打ち抜き、先制に成功した。
ソン・フンミン
f:id:nupwhite:20170914062908j:image
ソン・フンミンのゴールでトッテナムが先制 [写真]=CameraSport via Getty Images
 だが、ドルトムントもすぐに追い付く。11分、右サイドのヤルモレンコがエリア内にパスを通すと、これを受けた香川がワントラップから後方へ落とす。走り込んだヤルモレンコが左足の鮮やかなシュートをゴール左上に決め、試合は振り出しに戻った。
ヤルモレンコ
f:id:nupwhite:20170914062853j:image
ヤルモレンコの鮮やかなゴールが決まる [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
 直後の15分、トッテナムは相手陣内でルーズボールをキープしたケインが強引にエリア内左まで持ち込み、左足でシュート。これがゴール上に決まり、勝ち越し点となった。
ケイン
f:id:nupwhite:20170914062843j:image
ケインが個の力でゴールを奪う [写真]=Getty Images
 その後はドルトムントがボールを保持してチャンスを伺ったが、ゴールを奪うには至らず、トッテナムの1点リードで前半を折り返す。
 後半立ち上がりの56分、ドルトムントはマフムド・ダフードがエリア内左に浮き球のパスを送ると、抜け出したオーバメヤンが右足ボレーをゴール右に叩き込む。しかし、オフサイドの判定で得点は認められなかった。すると60分、エリア内左でエリクセンからパスを受けたケインが左足のシュートをゴール右下に決め、トッテナムが貴重な追加点を奪った。
ケイン
f:id:nupwhite:20170914062825j:image
この日2点目を決めたケイン [写真]=Tottenham Hotspur FC via Getty Images
 2点ビハインドとなったドルトムントは66分、香川に代えてマリオ・ゲッツェをピッチへ送り出す。だが、その後はなかなか決定機を作り出すことができずに時間が経過。結局このままタイムアップを迎え、トッテナムが3-1で勝利を収めた。
 次節、トッテナムは26日にアウェイでアポエルと、ドルトムントは同日にホームでレアル・マドリードと対戦する。
【スコア】
トッテナム 3-1 ドルトムント
【得点者】
1-0 4分 ソン・フンミン(トッテナム)
1-1 11分 アンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント)
2-1 15分 ハリー・ケイン(トッテナム)
3-1 60分 ハリー・ケイン(トッテナム)

圧巻!CLでメッシが最高のゴール!

 現地時間9月12日、チャンピオンズ・リーグのグループステージD組1節で、バルセロナがユベントスを3-0で下した。
 f:id:nupwhite:20170913054913j:image
 ホームのバルサは、今夏にドルトムントから獲得したデンベレが加入後初先発。4-3-3の最前線でメッシ、スアレスと新トリデンテを形成した。
 
 一方のユーベはキエッリーニ、ヘーベデス、ケディラ、マンジュキッチ、クアドラード、マルキージオと6人が負傷欠場。通常の4-2-3-1ではなく4-3-3に近い布陣を組んだ。
 
 序盤からゲームを支配したのはやはりバルサ。ポゼッションで有利に立ち、積極的に攻め入った。それでもユーベの抵抗に遭ってなかなかゴールを奪えずにいたが、前半終了間際に先制に成功する。メッシがスアレスとのワンツーで敵守備陣のわずかな隙間に入り込むと、得意の左足を一閃。ボールはサイドネットに突き刺さった。
 
 ユーベは失点直前の41分にデ・シリオが怪我でストゥラーロと交代。さらなる故障者を出したうえに失点して、不安を抱えたままハーフタイムを迎えた。
 f:id:nupwhite:20170913054919j:image
 後半も押し気味に試合を進めたバルサは56分、追加点を奪う。右サイドを突破したメッシのクロスは相手にクリアされたが、これをラキティッチがスライディングしながら押し込んだ。
 
 2点のビハインドを背負って後がなくなったユーベは、63分にベンタンク―ルを下げてベルナルデスキを投入。今夏にフィオレンティーナから獲得したファンタジスタの打開力に懸けた。
 
 しかし69分、バルサが決定的な3点目を奪う。ペナルティーエリア手前の右寄りからドリブルで一気に加速して中央に切れ込んだメッシが、再び左足でゴールネットを揺らしたのだ。
 
 ユーベは80分過ぎにディバラ、ベナティア、ベルナルデスキが立て続けに得点機を迎えるも、いずれもゴールならず。結局、試合はこのままバルサが3-0でモノにした。
 
 今夏はネイマールをパリSGに強奪され、その後の補強にも疑問の声が挙がっていたバルサだが、昨シーズンの準優勝チームに圧勝する見事なCL初戦だった。
 
 一方のユーベはアウェーなうえに怪我人続出というエクスキューズはあったものの、攻守ともに物足りず、ショックが小さくない大敗となった。

地元紙が高評価!やっときたか宇佐美貴史!

宇佐美が活躍するとな何故か嬉しい!

柴崎そうだけどやはり2部で自信をつける事が

1番いいのではないだろうか。

 

来年昇格して大爆風を巻き起こして欲しい!

 

でも今の宇佐美凄く楽しそうだ!

f:id:nupwhite:20170912062050p:image

 

 

フォルトゥナ・デュッセルドルフは10日に行われたブンデスリーガ2部第5節でウニオン・ベルリンと対戦し、3-2での勝利を収めた。地元紙『ライニシェ・ポスト』は、FW宇佐美貴史ら新加入選手を「ただの穴埋めではない」と褒め称えている。

デュッセルドルフは先月、移籍市場の閉鎖間際にFWイラス・ベブーをハノーファーへと放出。そしてその穴を埋める新戦力として8月30日にはアウクスルブルクから宇佐美、同31日にはスタンダール・リエージュからFWベニト・ラマンの2人をそれぞれレンタルで獲得した。

当初は、今季のリーグ戦4試合で2ゴールを決めていたベブーの放出で戦力の低下が懸念されていたデュッセルドルフ。だが、右ウィングで先発出場を果たしたラマン、そして74分からそのラマンの代わりとして出場した宇佐美はウニオン戦でそのような不安を「見事に解消した」という。

『ライニシェ・ポスト』では、ラマンは「素晴らしい走りを見せ、前半は右サイドでインパクトを残した」と、宇佐美については「2-2とする同点弾を決め、流れを変えた」と称賛。「フォルトゥナの新加入選手はただの代役ではない」と記す地元紙は、ラマンには「2+」、宇佐美には「2」を与え、高く評価した。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

一方で、同紙はフリードヘルム・フンケル監督の采配にも言及。同監督はこれまでも新しく加わった戦力を一戦目から起用することが多く、それにより選手たちは自信をつけ、より早くチームに溶け込めることになるという。実際にはDFニコ・ギーセルマンやジャン・ツィンマー、そしてこの試合で決勝点を決めたMFフロリアン・ノイハウスらといった今夏に加入したばかりの選手たちも加入直後からピッチに立ち、1位につけるチームに貢献している。

Goal

 

速報移籍の噂!プレミアの入り口に井手口が!

 

中島 ポルティモネンセ(ポルトガル)
浅野 シュトゥットガルト(ドイツ)
南野 ザルツブルク(オーストリア)
鎌田 フランクフルト(ドイツ)
久保 ゲント(ベルギー)
堂安 フローニンゲン(オランダ)

リオ世代が続々と移籍する中、超出世頭候補の井手口が

プレミア2部に移籍との噂。

 

これから冬に向けて吟味して欲しいが、井手口の純粋な期待値を見れば

1部の下部ぐらいを行って欲しい!

f:id:nupwhite:20170912061238j:image

 

 

井手口陽介の獲得をリーズSDがポロリ!? 「アジアからのビッグなサプライズ移籍が…」

 ハリルジャパンの新鋭で、先のワールドカップ予選・オーストラリア戦で鮮烈ゴールを決めた井手口陽介の獲得に近づいているという。ガンバ大阪に対しておよそ1億円の移籍金(違約金)を支払う用意があるようだ。

 この一連の報道を裏付けるアクションが、実は6日前の9月5日にイングランドであった。主人公は、リーズのスポーツ・ディレクターであるヴィクター・オータ氏。クラブの公式Facebookに登場し、今夏の補強の意図や今後の計画などについて、ざっくばらんにサポーターの質問に答えた。

 そのなかで、ついポロリと漏らしてしまったのだ。「アジアからのビッグなサプライズ移籍がもう少しでまとまる」と。いまとなれば、井手口を指していると考えるのが妥当だろう。

 サポーターとのやり取りはこうだ。まず「リーズはオーストラリの選手に興味はないのか」と訊かれ、オータSDは「もちろん素晴らしい選手が多いから、関心は寄せているよ」と答えた。ここからスイッチが入ったのか、一気にエスカレートしていく。

「プライオリティーを置いているのは、フランス、イタリア、スペイン、そしてUK(英国)の市場だ。それは疑いがない。ただ、いまの我々の組織にはスペシャルな強化グループがある。さっきの国々よりランクが下がるリーグに対しても、細かく注意を払っているんだ」

 そして、先述の爆弾発言に至ったのだ。ちなみにオータ氏がスペシャルな強化グループと表現したスカウト陣の中には、藤田氏も含まれているだろう。

s

さあ、プラチナゴールで巻き返せ‼️宇佐美が最高のデビュー

f:id:nupwhite:20170911065116j:image

宇佐美初ゴール&内田も相手OG誘発。独2部デビューの2人が直接対決で躍動

9/10(日) 22:32配信

フットボールチャンネル

 ドイツ・ブンデスリーガ2部の第5節が現地時間の10日に行われ、フォルトゥナ・デュッセルドルフとウニオン・ベルリンが対戦した。
デュッセルドルフに加入したFW宇佐美貴史は交代出場で初ゴールを記録している。

 宇佐美は移籍市場終盤の8月30日に、1部のアウクスブルクからのレンタルでデュッセルドルフへ移籍することが決定。
リーグ中断明けの初戦となるウニオン・ベルリン戦でベンチに入った。シャルケからウニオン・ベルリンへ移籍したDF内田篤人も前節に続いてのベンチ入りとなった。

 デュッセルドルフが前半に先制したあと、69分にはウニオン・ベルリンが同点に追いつく展開。
1-1で迎えた74分には宇佐美、その直後には内田が交代で投入され、ともに新天地でのデビューを飾った。

 77分には、昨年の12月以来の公式戦出場となった内田がファーストタッチでいきなりゴールに絡む働きを見せる。
エリア内右サイドでボールを受けて振り向き、ゴール前へのクロスを入れると、これが相手オウンゴールを誘って2-1の逆転ゴールとなった。

 だが84分には宇佐美も結果を出してみせた。左サイドからのスローインがゴール前にこぼれたボールにボレーで合わせ、移籍後初ゴールを記録。
デュッセルドルフが2-2の同点に追いつく。

 さらに終了間際の90分には、デュッセルドルフが3点目を奪って再逆転。
2人の日本人選手がデビュー戦でゴールに絡んだ一戦は、3-2でホームチームの勝利に終わった。